会社の人間関係を円滑にする方法

私の日々の仕事への向き合い方を共有したい。

 

 私が日々勤務中心がけていること、それは、仕事をしたくて仕方ない人の振りをするということだ。振りをするだけでよい。

噛み砕いて言うと、心の中では、「めんどくせえ」とか「やりたくねえ」と思いつつも、「仕事したくて仕方ないんです!」くらいのテンションでコミュニケーションをするということだ。

 

要するに、”形から入る”ということだ。

 

私がなぜの方法をお勧めするかというと、この方法には、多くのメリットがある。

 

周囲の人に与える印象が良い。

→仕事を振られている時点で、その仕事はやらなければいけなくなっている。どうせやるなら、嘘でもやる気見せてるほうが好印象に移っているに違いない。

 

仕事に対するモチベーションがあがる。

→私は正直、なるべくラクをしたいし、余計なことはしたくは無いが、振りでやっていたつもりがいつの間にかその考え方に影響されていた。途中から、振り切ってやっている自分に面白くなってくる。

 

それなのに、仕事量の変化は無い。

→自分が仕事をしたそうにしているからといって、皆がみんな、仕事を自分に振ることは無い。

 

 

ある程度仕事に慣れてくると、手の抜き方もわかってきて、淡々と日々を消化するようになってくるのではないだろうか。仕事に面白みを感じれない、そんな仕事に熱量がない人たちこそ、この方法を試してほしい。