意識を変えるよりも、無意識中の行動を変化させるべきだ

 

私は大学を卒業している。

 

わざわざいうことではないだろうと多くの人は思うかもしれない。一般的に当たり前なことかもしれないが、私にとっては当たり前ではないのだ。

 

 

私の両親は大学を卒業していない。子供にとって、親というのはその世界の全てのようなものだ。当然、親の子供に与える影響は大きい。

 

そんなことだから、大学全入時代といわれる今でさえ、私は高校卒業後の進路は就職だと漠然と考えていた。

 

 

勉強に対して真面目に取り組んでいた結果、たまたま地元で一番の学力の高校に入学することができた。

 

その高校に入学を決めた理由も大学進学を考えたわけではなく、ただ単に家から近かっただけというものだった。そんなもんだから、入学してすぐ周囲との意識の違いに驚かされた。周囲の人間が皆、大学受験を意識していたからだ。正直、場違いかなと当時は思っていた。

 

不思議なもので、その環境にいると流されるように受験勉強をし、いつの間にか自分は大学を受験することが当たり前の事のように考えていた。その結果、それなりに学力も上がり、無事大学合格した。

 

  

人間には姿を擬態することはできないが、性格、思考、能力は周囲に自然と同化するようになっている。

 

私は、いわゆる進学校に入学したことで、高校卒業後の進路が就職から進学になった。近くの別の高校に行っていたら、きっと就職してただろう。

 

 

何かを達成するために努力を続けることは大変だ。人間は弱い生き物だから、簡単に誘惑に負けてしまう。だからこそ、いまの自分より高い水準の環境に身を置く事で、日常にしてしまうことが大事なのだ。

 

学力やスポーツ、そのほかどんな場面においても、最初はきついかもしれないが、人間慣れというのはすごいもので、すぐに当たり前になる。

 

意識を変えることも大事ではあるが、取り巻く環境を変える方が手っ取り早く、効果があるのだ。