「日本酒原価酒蔵」に行ってきた

 

最近店舗が急増している、「日本酒原価酒蔵 渋谷センター街店」に行ってきました。

 訪問日:2018/05/21

 

 1 日本酒原価酒造とは?

約50種類もの日本酒が、1合 300円〜500円という"原価"で飲めるお店です。ほとんどのお客さんが日本酒を飲んでいました。(当たり前ですね。笑)

一応、それ以外のお酒も置いてありましたが、あまり種類は多くありませんでした。

 

ここでは独自のシステムがあり、入店料(790円)を人数分払う必要があります。というか、お会計に勝手に加算されています。

 

ただ、現金支払いの場合、490円になります。300円あれば、日本酒一合飲めるので、現金支払いが良いでしょう。

  

ちなみに、今回私が訪問した時のお会計は、総額3000円(入店料込)程度でした(内訳 お酒5合 食べ物1品)。安い!

 

 

 

 2 店内の様子 

店内は、明るく清潔感があり、小綺麗な和風居酒屋の印象でした。

あまり騒がしくないので、普通にデートとしても使える雰囲気です。実際、カップルで来ている人もいました。ただ、明るめの照明なので、いい雰囲気にはなりずらいと思います。笑

 

客層は、20代〜30代がほとんどで、どちらかといえば女性の方が多かったです。向かいのカウンターで、綺麗なお姉さんががぶがぶ飲んでたのが印象的でした。

 

また、全席禁煙で、座席の種類は、カウンター席とテーブル席です。基本的に2人の場合はカウンター席、3人以上はテーブル席にに案内されると思います。

隣の席とは気にならない程度の間隔があったので、狭すぎて窮屈になることは無いでしょう。

 

 

 

 

3  日本酒について

基本的に1合づつ注文するシステムで、1合瓶での提供となっています。季節的なものもあるのかもしれませんが、飲み方は決まっていて、冷酒がほとんどでした。

 

通常メニューに加えて、期間数量限定酒もいくつかあって、それらは日によって入荷するものが変わるようです。私も注文しようとしたのですが、完売していました。限定酒を狙いに行くなら、公式HPで入荷日を確認していくことをお勧めします。

 

私が今回飲んだものは、以下の5種類です。

  • 獺祭 言わずと知れた、有名日本酒。お酒を感じつつもフルーティで飲みやすい。
  • 楯野川 獺祭よりお酒感が無い。水かと思った。
  • 滝自慢 ”100人に1杯飲まれるのではなく、1人に100杯飲まれるお酒”がコンセプト。比較的お酒を感じるが、甘めの後味。
  • 山形正宗 うまい。飲みやすい。
  • 花の香 うまい。飲みやすい。

 

どれもだいたい400円くらいです。

正直、どれもとても安いので、値段はあまり気にしていませんでした。

 

HPからメニューを確認できるので、気になる方は見てみてください。お店によって、少しメニューは変わるみたいです。

 

 

 

 

4 食べ物について

私は2軒目での利用だったため、おしんこ盛り合わせ(590円)しか頼みませんでした。おしゃれな盛り付けが印象的でした。味は普通に美味しかったです。

ただ、全体的に普通の居酒屋と比べると、値段高め、量少なめだった印象です。ガッツリご飯を食べるというかは、日本酒のあてにつまむ程度がちょうどいいかなと思います。

 

 

 

 

5 感想

このお店を一言で言うならば、日本酒のアミューズメントパーク

さまざまな日本酒の飲み比べができるこのお店は、日本酒好きにはたまらない空間でした。

 

下に公式HPのリンクを張っておきます。

気になる方はぜひ。

  

 

sake-genkabar.com